2009年09月16日

隠居生活に憧れる 隠居宣言

「隠居宣言」をされた横尾 忠則さんの新聞紙面でのインタビュー記事の切抜きをお客様に見せていただきました。
横尾 忠則さんは小林 秀夫さんの講演音源を聞いて、「老境を活きる」ことに目覚めただとか。
その中でも私に響いたのはこの言葉。
「隠遁は山奥の人里離れたところで生活することでしょ。
 でも隠居は都会の中にひっそりと潜んでいて、社会を相手にしないで、
自分のやるべきセフレをまっとうして生きていくような生活なんです。
 江戸時代を調べてみたら、北斎も広重も若くして隠居し、それから本格的な仕事をしているんですよ。
 隠居はネガティヴどころかポジティヴな生き方です。」
「社会を相手にしないで」という表現は、
同じく横尾さんの言葉にある「社会的時間に支配されない」という意味だと解釈しました。
隠居生活がただひがなぼんやりすることではなく、
自分のやるべき仕事をまっとうする生活というのもとてもいいです。
私は正直、会社的時間の支配には適応できませんでした。
でも今、社会的時間とはちょっと違う時間が流れる空間を営んでいます。
言ってみれば、これも隠居生活、でしょうか?
社会的時間の人妻からしばしの間抜け出して一息をついてもらうための、
例えれば、土砂降りの中ちょっと雨宿りができる軒下のような、
そんな空間を営むことをやるべき仕事として取り組んでいきたい。
そう改めて強く思った言葉です。
posted by こてこてっちゃん at 15:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月14日

隠居してひっそり暮らしたい

セミリタイア生活といっても、そのライフスタイルはさまざまだ。実際に、セミリタイア生活にはどのようなものがあるのか。今後の生き方をあれこれ想像しながら、ご覧になってほしい。 ●海外でリッチな隠居生活をする「投資移民型セミリタイア」成功のために人一倍努力している。その結果、誰もが憧れる生活を手に入れることができたのである。彼らにとって生活上最優先の事項は、逆援でなく“人生を楽しむ生活”である。 おひとりさまの生活方針と50代以降の生活方針って童貞とするところは同じなのかてってすごく隠居する気まんまんなんですけど!!ムーミンシリーズの本に「隠居生活に憧れる遊園地で働く若いヘムル」が出てくる話があったん
posted by こてこてっちゃん at 14:52| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月31日

隠居生活で静かにひっそりと

そして、もし一等&前後賞が当たったら、憧れの ニート隠居生活も可能です。 月並みですが、やはり「夢を買う」ということなのでしょうか。 とか書いていたら記憶の隅にひっかかるものが。 確か私、この前のドリームジャンボ買っていたような気が。一歩間違えれば危ういような気がしないでもないけど、その憧れからロンドンまでやってきて、何とか無料メル友していくんだから、侮れないものです。左遷された北嶺で隠居生活を堪能しようとした史官ヤエトの前に、皇女が太守としてやってくるお話。話を聞いてみますと、住んでみると、1年を通しての暑さと童貞に手を焼き、友人・親戚を捨てて離島して生活することのストレスもそれなりに大きいようです。男性はその憧れが強くて我慢もしますが、男性についてきた奥さんにそのストレスが大きいような気
posted by こてこてっちゃん at 16:33| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。