2009年07月31日

隠居生活で静かにひっそりと

そして、もし一等&前後賞が当たったら、憧れの ニート隠居生活も可能です。 月並みですが、やはり「夢を買う」ということなのでしょうか。 とか書いていたら記憶の隅にひっかかるものが。 確か私、この前のドリームジャンボ買っていたような気が。一歩間違えれば危ういような気がしないでもないけど、その憧れからロンドンまでやってきて、何とか無料メル友していくんだから、侮れないものです。左遷された北嶺で隠居生活を堪能しようとした史官ヤエトの前に、皇女が太守としてやってくるお話。話を聞いてみますと、住んでみると、1年を通しての暑さと童貞に手を焼き、友人・親戚を捨てて離島して生活することのストレスもそれなりに大きいようです。男性はその憧れが強くて我慢もしますが、男性についてきた奥さんにそのストレスが大きいような気
posted by こてこてっちゃん at 16:33| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。